NEWS最新情報

「日焼け止め」の豆知識 part2

2017.07.07

日焼け止め剤にはPAやSPFが書いてあり、「数字が高いものがいい!」という理由で選びがちです!

しかし、数字高いものがいいとは限りません!

では、これらはなにを表しているのでしょうか!?

まず、PAとは皮膚を黒くするだけではなく、シワたるみの原因となるUVAの防止効果を示すものであり、いま市販されているものでPA++++が最大の防止効果があります!

お買い物程度の外出ではPA++くらいで充分です!

次にSPFとはなにか?これはシミソバカス皮膚ガンの原因となるUVBの防止効果を示すものであり、SPF1で20分間の効果があります。

つまりSPF20の場合、400分間(6時間40分)は守ってくれるという事になります!

数が高いほど肌への負担はかかってきますので、外出時間に合わせて使い分けをするのがオススメです!

これからの日焼け止め選びの参考にしてみて下さい!!

ちなみに、サロンでも夏限定で日焼け止めをご用意しております!

IMG_6527

レジスタンシエル UV(税込4860円)